腸内環境改善方法
腸内環境改善方法
第1章 ミネラル
慢性疲労の原因や病気の原因は
体内の産生エネルギーの不足 エネルギーの使いすぎなどがあります
高校化学の実験。
米粒大のナトリウムを水で湿らせた濾紙の上に置くと、激しく反応し発火。
https://www.youtube.com/watch?v=_26noqTNu50
溶解熱・・・物質1molを多量の溶媒に溶かしたときに発生または吸収する熱
塩化ナトリウムの水に対する溶解熱 -3.88 kJ/mol
 NaCl + aq  =  NaClaq  -3.88kJ
+aq の意味 : 多量の水に溶解する     NaClaq の意味 : NaClの水溶液
単に塩化ナトリウムを溶解した場合
吸熱反応です
氷に塩をかけたら冷たくなりますね
塩を作る時に 太陽光で ナトリウムやカリウムは一部金属にまで還元されます
金属と水が反応すればどれだけ莫大なエネルギーが生じるかわかりますね
ミネラルはどのようなイオンの状態で摂取するか
ここが重要なんです
金属であるミネラルを溶解すると
金属→金属イオン+電子が発生します
でも発生した電子は瓶の中であればある程度 電子が水溶液の中に存在します
でもプラスチックの入れ物に入れて さらに希釈した状態で放置すると
当然電子が失われます
また金属のイオンは体内で使われる場合には
還元されてもとの状態に戻ります
この時には 電子を必要とします
また先ほどの熱化学方程式を思い出してください
NaCl + aq  =  NaClaq  -3.88kJ 吸熱反応
逆は発熱反応です
ポカリを飲んで熱射病になるのがわかりましたか?
ついでに 各種甘味料の溶解熱
http://www.mfc.co.jp/product/tourui/erisuri/palate.html
←熱射病についてついでに勉強してください
体内に熱がこもるから ぶっ倒れるんです
今年の夏はきちんと指導してください
糖質と塩分は 固形のものをすばやく溶かして飲ませてください!!
ここまでは 熱化学方程式による説明によって
カラダが温まる 冷えるなど書きました
「コーヒーやお茶を飲むとカラダが冷える」という言葉を良く耳にすると思います
でもこれを病院で話しても相手にしてくれません
ではどうしてか
ダイエットの指導で
食べさす!ってことで、よく1200キロカロリー以上食べないとダメ!って言われていますが、根拠あります
基礎代謝の数値以上は食べてと言ってますが当たり前のことです
骨格筋、肝臓、脳が基本的に活動をできる熱量を入れてあげないと体は活動を
エコモードにしてしまうからです
車でいうと アイドリングに最低限の燃料がいるのと同じことです
アイドリングストップしているとバッテリーから電気が供給されますね
コーヒーやお茶を飲むとカラダが冷える
←これは 基礎代謝の約10パーセントに関係している
胃腸からの熱量を抑えるからです
燃料の制御棒のような作用をします