アレルギ―疾患の方の対処方法

アレルギ―疾患の方の対処方法

小麦とカビに対するアレルギーが起きているヒトには

予防の為にはルイボス茶を使い、治療には PAQを使う事が多いです

何故でしょうか?

 

日常的に、小麦粉をどのようにして保存しているか?

小麦粉というか ホットケーキミックスやお好み焼きなどを作るときの

粉物 これは油と小麦粉を混ぜた状態で販売されています

風通しのいい場所に置いていない場合が多いですね

桐の戸棚ならば良いと思いますが 持っているヒトいないと思います

クローゼット、食器棚の壁が塩ビなどですから 

電位が高いので絶対にカビが生えやすい環境なんですよ

食品の保管が悪いので そこに、カビや細菌が発生してしまうのですよ

シンクの下に食材なんか置いたら最悪ですよ

←冷蔵庫に保管してもダメです 冷凍庫はOK

出しイリコなども同じですが 冷蔵庫と外気の温度差で袋に結露が生じますね

湿気でカビが生えてしまいます

缶に入れて シリカゲル入れて蓋をしていますか?

ジップロックに入れているヒトが多いでしょう

 

酵母菌 真菌類は 脂肪酸を従属栄養素として増殖します

結露→カビ発生→食材中の脂肪分の分解

脂肪酸の分解産物やカビが作り出す物質が腸管や粘膜に炎症を起こします

炎症を起こした粘膜から 分子量が多いタンパク質は体内に取り込まれてしまいます

リーキーガット症候群

一度免疫細胞が抗原を提示して 小麦タンパクにフラッグが立つと過剰な免疫反応が起こってしまいます

食材の保管方法に気がつかない主婦は同じ事を繰り返しています

食材にカビが付着した状態で調理したものを食べ続けているはずです

当然 腸管内には真菌類が棲みついています

何故 ルイボス茶はいいか? ←タヒボでも良いです

茶殻に カビが生えないお茶です

セスキテルペンの働きのようです

緑茶の茶殻やコーヒーの豆かすには カビが生えるでしょう

話は飛びますが シースカイゲルにも ファルネソール入れてます 

これは皮膚のカビが生えないように入れてます

 

ピーナッツの皮 PAQは何故って?

花粉症をはじめ アレルギーの人は 脂肪の取りすぎのヒトが多いんですよ

渋いものは 腸管にこびりついた脂肪を収斂させて排泄します

ここで 脂肪を餌にカビが増殖する話に戻るんです

腸内環境のお話をまた書かないといけませんね!