皆さんからの質問
1・尿取りパットについて、ポリウレタンが×とお聞きしましたが
  その理由を教えてください。

表面材: ポリオレフィン/ポリエステル不織布
吸水材: 綿状パルプ/吸収紙/アクリル系高分子吸水材
防水材: ポリエチレンフィルム
伸縮材: ポリウレタン
結合材: スチレン系エラストマー合成樹脂などでできています
これらは 吸水した時に 吸熱反応を起こしますので
陰部 粘膜に当てていると 冷えていきます
冷えるという意味です
生理用ナプキンを止めただけで生理痛が消える人があるぐらいです
http://sakura-cotton.shop-pro.jp/


2・おなかにカイロを貼るのは×とお聞きしたがなぜか?
へその下は温めてもいいが へその上は温める場所ではありません
へその上は神経が集まっているので温めません
また赤外線にはある特徴があります
鉄が出した 赤外線は鉄が吸収します
水が出した赤外線は水が吸収するんですよ 共鳴共振するんです
おなかには脂肪が多いけど赤血球は少ないです
あったとしても脂肪細胞中の白色細胞 褐色細胞の中の鉄です
滞留していないから火傷します
背中や骨の髄は鉄が多いから熱が伝わりますし
熱だけでなく酵素反応が触媒されて元気になります

3・胸の辺りにネックレスはいいとお聞きしましたが何故ですか?
  つけるとしたら金?プラチナ?そのほかのもの?

人の体は電磁エネルギーに対してとても敏感です
貴金属類 鉱石類は自分のエネルギーに合ったものを使うといいです
卑金属はつけないほうがいいです
化学的には、イオン化傾向が水素より大きく(安定性が低い)、空気中で熱したりすると容易に酸化される金属だからです
貴金属は 電子をリッチに持っています
還元作用があるわけです
シューマン振動や音叉など音の勉強をすると良くわかると思います

http://www.lirico.jp/EnergyWorkFrequencyHuman.html  参考までに

4・乾癬症は先生でしたらどのように治療されますか?

乾癬で多いパターンは脂溶性物質が体内に蓄積した場合が多いです
体内に蓄積した脂溶性物質よりもより油性が高い物質で除去しようとしているのが
病院ですね
例えば ビタミンA誘導体 チガソン http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se31/se3119001.html 参考
      ビタミンD誘導体 ボンアルファ http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2691700.html 参考
分子量が大きい油を使い 工業製品が作られています
どのような仕事 環境で生活しているか聞きます
汚染物質をいかに対外に排泄するかが問題なんです

当店では ステロールの骨格を含む物質を多く含む キノコの子実体製剤
      牛蒡 椎茸 大根 人参のスープ http://www.yasaisoup.jp/ 参照
温熱療法などを組み合わせています
今ちょうど 重症患者に対応していますが
入浴用の洗浄液でかなりきれいになっていますよ


5・口内炎が治りません。オイスターやチョコラBBを飲んだりしても
 一瞬だけよくなったかな?と感じるだけでやはり治りません。
 どうしたらいいでしょうか。ちなみに数年前に肺がんを患いました。

歯の詰め物をチェックします

 口腔内の人工の被せ物や詰め物や充填物の金属イオンの溶出状態を測定します
各種アレルギーは様々な要因によって引き起こされますが、歯科の補綴物や充填物に用いられている金属合金に起因するものも少なくありません
 口腔内に電位の異なる異種金属が存在すると、唾液を電解質溶液として金属イオンが溶出し、
   金属の腐蝕が起こることがあります。 また、口腔粘膜自体も電極となり、金属の電気化学的な溶出を促します。
溶出した金属イオンは 体内では分解されず、タンパク質と結合して体内に存在する間にアレルゲン(アレルギーの元)となる可能性があるため、
口腔内での金属の 溶出傾向を知ることは大変重要です。
 合金のもつ主要元素(ニッケル・クロム・コバルト・パラジウムなど)が、金属アレルギー等の病気をはじめ、
多種多様な病状を引き起こすことがあります。それらの病状は口腔粘膜の痛みや酸っぱい味覚として感じられ、
さらには、歯肉炎症状から全身症状にもおよぶことがあります