オメガ3 トスカ
油には
オメガ3がいいと言われていますが
不飽和脂肪酸は体内に吸収されると酵素の作用によって
新たな脂肪酸に合成されます
オメガ6は細胞膜の形成に関わって細胞膜の透過度を調節します
中枢神経系の細胞膜の形成には必須
血管やその膨張、血液とその流動性、動脈圧に作用します
一部のオメガ6はリウマチ 関節炎 喘息 乾癬 血小板凝集 アレルギーを
引き起こします
オメガ3はオメガ6を摂取しすぎた際に起こる様々なトラブルを解消するために
使うんです

キャリアオイル事典 東京堂出版
植物オイルハンドブック 東京堂出版
油の事は重要なんでマスターしましょう!!!


亜麻仁油 シソ油は 脳や神経系 生殖器にも作用します
食用にはドレッシングに使います
酸化しやすいから 炒め物には使いません
酸化するので外用には使いません

これは
アトピーの人には
どのように使っていけばいいのでしょうか?
(サプリメントで)
オメガ3はオメガ6を摂取しすぎた際に起こる様々なトラブルを解消するために
使うんです

低たんぱく高脂肪 高炭水化物の食事の方に良いんですよ
タンパクも足りないから ウィルビーAMSとかを併用するんです
油が酸化してこびり付いていたら ルミーナ使います
リーキーガット症候群の方などは
ルミーナや岩の力は使えません

例えば
乾燥が進んでる方にもパターンがあると思います
質が良い油が摂取できていないとセラミドを構成している
脂肪酸がオレイン酸ではなくパルミチン酸に置き換わります
こんな時には オメガ9が必要ですね

角質化が進んでいる場合
ノルウェーとかめちゃ寒い所で取れるサバやアカウオなどの深海魚などを食べている場合
脂溶性が高い油を摂取しているので皮膚に溜まります
キノコなどの食物ステロール+ビタミンADなどとミネラルを使い排泄します

炎症がある方

やはり オメガ3はオメガ6を摂取しすぎた際に起こる様々なトラブルを解消するために
使うんです
ここを間違えたら次のステップにいけないんです

オメガ3系のサプリメントは
トスカでいいんじゃないかな


オメガ3のサプリメントは
美白、シワ、シミなどの
美容系にはいかがでしょうか?
←単品では無理

ダイエットのバックエンドにも
つなげやすいかなとも考えているのですが
油の事をもう少し勉強していきましょう

オメガ6が多いですが
外用から覚えた方がいいかも?
アプリコット
マカダミアナッツ
スイートアーモンド
ホホバ

みんな魚は食べないし 食べている油が悪いから
内服は重要だと思いますよ

月見草
ボリジ
ブラッククミンシード
アボガド
テリハボク
これらはうまく配合するとすごい効きますよ!!!