FK23
 プロテサンの勉強会資料です

プロテサンの訴求方法は?

〃鮃体の方に 美容目的で理解して飲んでもらっています

一部の病態でプロテサンが得意とする分野、

他社の商材との併用で相乗効果がみられる場合に 併用または前投与

2兆個飲んだ場合に 他の商品と比較して安く効果があるかきちんと伝える

ぐ貽量は 1〜2兆個から販売(成人)

ツ欧了晴輯垳掬徹未魏爾欧襪販匹効く 

 

FK23などを使わないとダメな症例(57歳男性) 

★検査値のポイント

    トランスアミナーゼやLDH、フォスファターゼが低いのに

アミノペプチダーゼやγ―GTPは高い

◆.▲潺離撻廛船澄璽爾筅叩GTPが高いのに ビリルビンが高くない

 身体の中に一度脂肪が取り込まれて筋肉や肝臓に付いたのではなく
門脈に詰まっていることが推測できるわけです


← 一つ一つの検査値の意味をもう一回よく読んでみて下さい

中性脂肪 
食事で取った中性脂肪は、アルキル基の種類や分子量がバラバラです

小腸などでいったん消化・分解され小腸壁をくぐり、再び中性脂肪になります。

そして、血液の中を運ばれて、筋肉や臓器などの全身の組織に行き渡ります。

このときエネルギーとして消費しきれずに残った分は、脂肪組織に貯蔵されたり、
肝臓に取り込まれたりします。
また、中性脂肪は、食事で取る以外に体内でも作られています

 

フォスファターゼとは 
リン酸エステルを加水分解する反応を触媒する酵素.
酸性に至適pHをもつものとアルカリ性にもつものが区別される場合が多い.
リン酸エステル化されたタンパク質の脱リン酸を触媒する酵素はタンパク質ホスファターゼ

 

ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)とは、
ペプチドのN端に作用して末端のアミノ酸を1つずつ遊離する酵素である。γGTPあるいは他のペプチダーゼと同様に基底膜に局在し、
腎尿細管、腸絨毛、毛細胆管、膵に広く分布している。
基底膜からの吸収、排泄を通してペプチドの通過にかかわっている。
肝ではγGTPと同様にミクロソーム膜および胆汁分泌側の膜に活性があり、胆汁うっ滞、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害で高くなる。
そのためALPγGTPとともに胆道系酵素と呼ばれ、
黄疸の鑑別、肝、胆道系疾患の診断および経過観察に用いられている。
N端のアミノ酸によって若干特異性は異なるが同じLAPと考えられる。
妊娠末期に血中に増加する

 

LDHは乳酸脱水素酵素とも呼ばれ、
体内で糖分がエネルギーに転換されるときにはたらく酵素の一種です。ほとんどあらゆる細胞に含まれていますが、
肝臓や腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などに特に多く含まれています
したがって、これらの臓器などに異常があって細胞が壊死すると、
細胞中のLDHが血液の中へ大量に流れ出します。
その量を測定するのがLDHの検査です

 

アミノ基転移酵素とは、
生化学においてアミノ酸と
α-
ケト酸の間の反応を触媒する酵素の総称である。
トランスアミナーゼまたはアミノトランスフェラーゼとも呼ばれる

 

アミノ基転移反応は、アミノ酸からアミノ基を取り除く反応と、
α-ケト酸を置き去りにする反応、
α-ケト酸をアミノ酸に変換する反応の2つを含んでいる。
この酵素は色々な種類のアミノ酸の産生に重要であり、
種々のトランスアミナーゼの血中濃度を測定することは、
色々な病気の診断や追跡に重要である。

身体の生化学的な中心である肝臓は、アミノ酸の合成と破壊のため、
そしてエネルギー貯蔵分子を相互に変換するために
様々なトランスアミナーゼを持っている。
それらの酵素の血清中濃度は正常時は低いのが普通である。

 

γ-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、
GOTGPTと同様にタンパク質を分解する酵素のことです。
この酵素は、毒性のあるアルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したり、結石やがんなどによって胆管がつまったときなどに血液中に出てきます。

そこで血液中のγ-GTPの濃度を調べることで肝臓や胆管の異常の有無を調べるのですが、肝臓や胆管に病気があるときにはほかの酵素より早期に反応を示します。そのため、肝臓障害の鋭敏なマーカーとして用いられています。

 

併用薬

この方の場合は リンゴポリフェノール、丹参がいる

 

よく使う症例

閉塞性動脈硬化症ASO: arteriosclerosis obliterans)は、
主に下肢の、主に大血管が慢性に閉塞することによって、
軽い場合には冷感、重症の場合には下肢の
壊死にまで至ることがある病気である。

 

 

 

   腸内細菌を知ること

腸内細菌科とは、真正細菌の分類上の一グループ。グラム陰性の桿菌であり、    通性嫌気性でブドウ糖を発酵して酸とガスを産生する。カタラーゼ活性(過酸化水素分解)を示しオキシダーゼ活性(酸素添加)を示さない 腸内細菌科に属する細菌には、大腸菌や赤痢菌、サルモネラなど、ヒトや動物の腸内に生息したり、腸管感染症の原因になるものが多いが、ペスト菌のように消化管ではなくリンパ節や肺に感染するものも含まれている。 ヒトの腸内細菌のうち腸内細菌科は1%未満である。

FK23菌は カタラーゼ陰性 ブドウ糖代謝 50%乳酸 

 

  ビフィズス菌の特徴                          ビフィズス菌は アミノ酸からフェノール、アンモニア、チラミン、インドールなどのアミン、硫化水素を産生しない 善玉菌の代表です。        
ヒトの腸内フローラ形成細菌の
1種で、母乳栄養児の糞便中に他の細菌より優位(90%以上を占める)に存在し、
ビフィズス菌を形成しますが、    
人工栄養児糞便中には大腸菌群が多く、
ビフィズス菌は少くなります。   
ビフィズス菌は、糖を分解して、乳酸、酢酸、ギ酸などを産生するので、   
母乳栄養児の腸内は酸性に傾き、大腸菌や他の病原性腸内細菌は増殖しにくく、またビフィズス菌そのものが、
大腸菌などの増殖を抑制

■通性嫌気性生物は、そのエネルギー獲得のため、酸素が存在する場合には好気的呼吸によってATPを生成するが、酸素がない場合においても発酵によりエネルギーを得られるように代謝を切り替えることのできる生物である。通常は細菌だが、一部真核生物や古細菌も存在する。

乳酸菌は チトクロム系の呼吸鎖やカタラーゼなどのタンパク合成能を持たない

分子状態の酸素をエネルギー代謝に直接利用できない

 

インドール産生は 酸化、老化、発ガンの原因に

FK23は インドール産生菌と拮抗し インドールを減少

インドールは、ベンゼン環とピロール環が縮合した構造をとる有機化合物である。窒素原子の孤立電子対が芳香環の形成に関与しているためインドールは塩基ではない。インドールは室温では固体だが、大便臭を発散する。実際大便の臭い成分にもインドールが含まれる。ところが非常に低濃度の場合は花のような香りがあり、オレンジやジャスミンなど多くの花の香りの成分でもあって、香水に使われる天然ジャスミン油は約2.5%のインドールを含む。現在では合成インドールが香水に使われている。またコールタールにも含まれる。インドールの構造(インドール環)はいろいろな有機化合物、特に生体物質に含まれる。この中にはトリプトファンやインドールアルカロイドなどがある。インドールは求電子置換反応を3位に受けやすく、インドールに置換基のついた構造はトリプトファンに由来する神経伝達物質のセロトニンやメラトニン、麦角アルカロイドなど幻覚作用を示すアルカロイドに含まれる。また植物ホルモンの一種オーキシン(インドリル-3-酢酸、IAA)のほか、人工化合物では非ステロイド性抗炎症剤のインドメタシンなどに含まれる。   インドールの名は植物由来の染料であるインディゴに由来する。

   おならの成分 おならの成分は約400種類と言われ、中には少量ではあるが人体に有害な物質や発癌物質が含まれている。その代表となるのが次の通りであるがメタン産生菌を持つ人と持たない人がいるため、数値に幅がある。窒素2328%酸素0.12.3%、水素0.060.47%、メタン026%、炭酸ガス5.129%アンモニア、硫化水素、インドールなど1%以下

腸の酸化還元電位

多様な生育を示す微生物の中には、
培地の酸化還元電位が生育に影響を示す場合が多い

  • 培地の酸化還元電位が低い:嫌気度が高い
  • 培地の酸化還元電位が高い:好気的である

と言える。腸内細菌は低い酸化還元電位を好むためミネラルなどで電位を下げる必要がある