イミダゾールペプチドが美容の鍵に
アンセリンとカルノシン【イミダゾールペプチド】は、
β-アラニンとL-ヒスチジンが結合して出来た
動物由来のヒスチジン含有ジペプチドです。

【イミダゾールペプチドの作用は】
ヒトの体のpH値の正常化金属キレート作用
活性酸素を消去する抗酸化作用があることが知られいて、
アンセリンとカルノシンは、次のような作用をもちます。
  • 激しい運動や酸素消費の高い脳や筋肉の組織を保護する作用や
    抗疲労作用
  • 必須微量金属ミネラルの運搬作用
  • 活性酸素を消去することで老化を抑制する作用
さらに、最近では糖尿病関連の病気の原因となる高血糖と、
酸化ストレスで生成が促進される物質、
これらの生体内生産を抑制する作用が期待されています。

「イミダゾール・ジペプチド」について詳しくはこちらから
 http://www.cinron-biomed.com/history1.html##1