電磁波による血液の酸化

この実験の意味を考えて意見を述べてください

クマザサから葉緑素を抽出した「ササヘルス」 を使い実験したものです
 ササヘルスの鉄クロロフィリン= 赤血球だと思って動画をご覧下さい
葉緑素は体内でいくつかの工程を経て赤血球に変化していきます
緑黄色野菜を食べないときれいな血液は作れません
食生活はしっかり注意しているのに血液の病気になる事があります
血液はちょっとした事で破壊されます
 でも和服を着たり 日本古来からの風習を生活に取り入れることで
酸化した血液も元に戻るんです
携帯電話の電磁波でさえ血液の酸化が起こります
 そして簡単に元に戻ります
放射線であればどのようなことになるか…
美味しんぼで作者が言いたかったことわかりましたね!
正確に言うと ササヘルスの溶液中に溶けていたケイ酸が遊離したために味が変化 したわけです
ササヘルスを銀杏の木の切り株の上において 今度は時計回りに手をまわすとどうなるでしょう?
(儔修ない 美味しくなる まずくなる
´↓のどれでしょうか みなさん回答下さい
正解は 3番です 銀杏の木は解毒力が強いのです
アポトーシスを誘導し 古くなった細胞を排除しリセットします
正常な細胞が元気になるようにエネルギーが伝わるとき 2番
真逆に動いていると3番
元々あるものを元気にするものも大切ですが
古くなって死ぬことを忘れた細胞を排除し再生することも大切です
「血液系の疾患で難病とされる病気は先祖の供養が足りない」 などと言う方がいます
この意味は 墓石や仏壇、神棚に触れること
←墓に使う石は3番 神棚の木 3番で作っています
タキソールだって イチイの木由来です イチョウもイチイも仲間ですね
3のエネルギーだけで治療するから 身体が壊れるんです
すみません
?今の墓石の話で、?です。
先祖供養が足りない→墓石に触らないから のエネルギーが不足している→病気
ということでなく、

のエネルギーのみで体が壊れるとは?

邪気が溜まったときには 墓石に触ると スッキリします
ところが 抜きすぎるとだんだん力が入らなくなります
職業で石を切り出している人 運搬している人はすぐぎっくり腰になります
調子が悪いときには のエネルギーをうまく使うとちょうど良くなります
調子がいいときにばかり使うと具合が悪くなります
ドイツ語に 男性女性名詞があります
陰陽の感覚がない人でも 言語で覚えるように考えられたの?かも知れませんね
血液系の疾患で難病は骨髄に 何か蓄積しています
重金属は関与していると思います 当然電気的なものもあります
補と瀉という言葉で表しています
陰虚には これ 陽虚には これと言うように
昔の人は使うものを区別しています